中古車を取引する業者の腕の程度

  • 中古車をお値打ちに選ぶ方法

    • 中古車を購入する場合、程度良好の車両をお値打ちに買いたいと思うことは誰でも一緒です。



      中古車販売店の仕組みについてお話しします。中古車販売店は、オークションや買取った車を販売車として売り、主にオークションから仕入れるスタイルが多いでしょう。



      オークションでは競り方式で車両を仕入れます。



      落札後にキャリアカーなどで車両を搬送し、落札価格が仕入れ価格となります。
      その価格を50万円としましょう。



      整備点検で10万円ほど上乗せします。



      そこに登録証経費や手数料で15万円、利益が20万円、コーティング費用が入れば3万円ほど、この時点で50万円の車が98万円となり、消費税が加わると100万円を超えます。


      また、車を高く売る工夫としてタイヤホイールにエアロパーツをカスタマイズして売ることがあります。



      業者に掛かれば、このようなカスタマイズパーツは中古部品として調達費がもっとも低く、販売車両の価格をつり上げることが出来ます。



      購入する中古車でもっとも注目する点は走行距離です。

      走行距離が高ければ、いくら見た目がよく、価格が安くても買ってはいけません。



      見た目の割に購入価格が安い車は、仕入れが低く、それだけの価値しかありません。

      とくに展示車を多く抱えるお店は経費が掛かるため、販売車に大きく利益を乗せています。
      購入には車種、走行距離、年式を決めたら必ず予算を伝え、予算をつり上げられないように自分のペースで交渉しなければいけません。

  • 関連リンク

    • 中古車といっても安い値段ではありませんので、安心したものを購入したいはずです。また中古であるがゆえに壊れにくく、丈夫な車を購入した気持ちを誰もが持っていますので、たとえ販売店が嫌な顔をしても行ってほしいことがいくつかあります。...

    • 中古車の購入は、どんなに車に詳しい人であっても判断することが非常に難しいです。中古車の評価でとても重要になる、年式と走行距離の関係もそうですが、それ以外にもまだまだあります。...